牛ヒレ肉のステーキ

しっかり自分に定着した水泳。今も週2回ほどのペースで泳ぎ続けています。

昨日は最近よく通っている東京体育館のプールへ。50m×8レーンのいわゆる長水路で水深は2.2m。この広くて深いプールは泳ぐと本当に気持ちが良いです。いつもほどよく混雑しているのですが、なぜか昨日の夜は空いていて、3km/1時間強の自分のペースでゆったり泳げました。

泳いだ後は最近会社の近くにオープンした立ち食いのステーキ屋「いきなりステーキ」でエネルギーチャージ。ここはカット場で希望のサイズを申告して切ってもらう方式です。この日は牛ヒレ肉をチョイス。グラム売りで、8円/g。

IMG_2324.JPG

この肉のボリュームは285g。気になるカロリーは、ネットで調べると輸入牛ヒレ肉は133kcal/100gだから約380kcal。ライスを足しても600kcal程度。見た目に反して普段の食事よりカロリーが低いですね。さすが赤身肉。

ダイエットは今まで2回リバウンドを経験しましたが、今回はちゃんと維持できています。今の体重はちょうど理想の74.5kg。

ただし、体重は理想でもお腹の肉はまだ余っています。一度くらい引き締めても良いかなとは思うのですが。。。

OWSに続き、競泳の大会「辰巳杯2014」に参加しました。

5D3_3683b.JPG

場所は「東京辰巳国際水泳場」。国際大会も行われる場所で、水泳関係者なら全員知っている「スイマーの聖地」とされるプールです。

そのスイマーの聖地が主催する大会が辰巳杯。私は50m自由形にエントリーしました。プールで行う競泳の大会は初参加です。参加資格は特に規定されていないのですが、上級者が中心の大会だと思います。迷惑にならないようにしっかり練習して望むことにしました。

課題はスタート時の飛び込みでした。飛び込みは小、中学校の授業以外では経験がなく、当時も腹打ちとプールの底に頭をぶつけた記憶しかありません。そこで、この2ヶ月間にこのプールの一般公開日に通って練習しました。このプールは普段の水深が2mあり、飛び込み練習ができる貴重な場所でもあるのです。

腹打ちしまくりながら練習を繰り返したのですが、なかなか上達しません。最も問題だったのは、入水時にゴーグルが外れたりゴーグル内に浸水したりすること。ぎゅうぎゅうにゴーグルを締めるのですが上手くいきません。

どうせ外れるなら当日はゴーグル無しにしようと本気で考えていたのですが、大会5日前の最後の練習日にやっとコツを掴みました。

(1) スターティングブロックから前方向に強く飛び出す
(2) 体を前に回転し、入水確度を調節する
(3) 手を前にしっかり伸ばしてあごを引き、ストリームラインをとる

この3つ、特に(2)と(3)が出来ると、ゴーグルを緩めに付けてもゴーグルに浸水しなくなりました。さらに飛び出す力が前方向に向かい良い感じです。

ただし、最後の練習日の成功確率は3回に2回。あともう1日練習したいところですが時間切れでした。ここまで来るのに練習時間は累計で約10時間、200回ほど練習したと思います。


さて、レース当日。
この日のために買った布帛(ふはく)の水着を着ました。布帛とは伸縮性の少ない織物生地のこと。Yシャツやスーツなどの生地が該当します。ちなみに普通の水着は伸縮性のあるニット素材です。

私が選んだ水着は布帛でも着やすいとされるタイプなのですが、それでも着るのに3分程掛かります。本当にきつきつです。けれども着てしまえば不思議と違和感はなく、気合いが入ります。

そしてレースへ。
笛の合図でスターティングブロックに上り、「よーい」のかけ声に続く電子音でスタートします。ゴールした瞬間、電光掲示板にタイムが表示される本格的な設備です。ぴりっとした雰囲気の中、最高に緊張しましたが、無事完泳しました。

タイムは37秒43、一般A男子(18~49歳)で210人中193位。大満足です。

飛び込みで中途半端にゴーグルが外れてコースアウトで失格、そんな最悪の事態も覚悟していたのですが、今までで一番上手く行きました。運が良かったです。

写真はお気に入りのキーボードです。(Happy Hacking Keyboard、通称HHKB)

hhkb.JPG

キーボードは一番大事な仕事道具と言うこともあり、必要以上に拘っています。

このキーボードを気に入っている最大のポイントはキータッチ。くにゃくにゃ感はなく、しっかりしていて押すと心地よい重さがあります。

さらに押し込むと途中から軽くなって気持ちよくキーが下がり、最後に柔らかくしっかり底付きします。打鍵音も静かで、速く打鍵すればするほど快適です。まさに秀逸。

気に入っている余り、キートップを無刻印のものに変えました。打って満足、眺めて満足。仕事が捗ります。

左側のShiftキーとEnterキーだけは無刻印のキートップが入手できなかったので、未完成感はありますけどね。

海のスイムレース「三浦スイカOWS」、近づいてくる台風11号の影響を心配していたのですが、無事開催され参加してきました。

この日の海は台風の影響で波が高い状態。ウォームアップを兼ねた集団泳に参加して少し泳いだのですが、OWS初心者の私には厳しい条件でした。

まず、迫る波をかいくぐって沖に出るのに一苦労。沖に出た後も海面のうねりで息継ぎに時々失敗し、海水を飲む感じです。

owsmiura.png

今日は棄権かな。そう思った矢先に1.5kmの種目を1kmに短縮するとの発表がありました。1kmは私にも短く感じられる距離です。

それからずっと海の様子を見ていたのですが、招集の合図を聞いたタイミングで参加を決意。理論的に考えると厳しい状況なのですが、参加できる嬉しさがこみ上げてきて、笑顔が止まりません。

カウントダウンの後ゆっくりスタート。しかし、泳ぎはじめると予想通り大変でした。最も苦労したのは目標のブイの目視。軽くヘッドアップしたり平泳ぎをするくらいでは目標のブイを発見できず、顔をあげたままの立ち泳ぎに近い平泳ぎが必要でした。すると疲れて呼吸が乱れます。

この大会はライフガードのボードの端につかまって、一時的なレストが認められているのですが、実際に3回も休憩しました。ブイの方向を確認し呼吸を整えてからリスタートする感じです。

そうこうしているうちに距離は進み、後半に入ってからやっとうねりに慣れて、無理なく泳げるようになってきました。後は蛇行しながらも最後のブイを通過して浜へ。

海から上がったとき、最高に嬉しかったです。多分最下位。たくさんの方に迎えられて、ハイタッチしながら砂浜のゴールへ。

一生記憶に残る素晴らしい一日でした。

次はもっと泳力を鍛えて参加します。

クラウドサーバー

私たちが手がける最近のシステム開発では、一部の例外を除き、ほとんどのプロジェクトでクラウドサーバーを利用するようになりました。

今時のクラウドサーバーは、2箇所のデータセンターでシステム全体を二重化したり、100件/秒を超えるダウンロードリスエストへ対応したりと、一昔前には大変だった事が容易に実現できるところが素晴らしいです。

構築のコストも数分の1以下になりました。一昔前なら設計・構築に100万円超(!)も珍しくなかった複数台のサーバー構成が、安価かつ短期間で構築できます。

写真は2年半ほど前にサーバーの筐体に触った最後の仕事。こうやって、普段はラックに入る筐体をデスクに置いてセットアップしていたのが、はやくも懐かしいです。

server.jpg

昨年のブログで「泳力をつけたら海で泳ぐことにチャレンジしてみたいです。」と書いてから約1年が経過。。。

ついにチャレンジします。海の水泳競技に申し込みました!

参加するのは三浦スイカOWS 1.5km。(OWSとはオープンウォータースイミングの略で、海や川などで行われる水泳競技のことです。)

1年間プールに通い続けて得た今の泳力は、3kmを休憩無しで泳げるレベル。3kmのタイムは1時間強です。海の1.5kmにチャレンジするには、まずまずですよね。

開催まで約2ヶ月。今から楽しみです。溺れるとしゃれにならないので、残りの期間も週2回ほどのペースできっちり練習しようと思います。

IMG_1677s.jpg

入学祝いと衝動買い

甥っ子の中学校の入学祝いに腕時計を買いました。

その昔、私が中学校の入学祝いにも腕時計をもらったことがあるのですが、大人に近づいたようで嬉しかった記憶が残っています。

写真は贈った時計ではなくて、一緒に買った自分用 (^^;)
いろいろ見ていると欲しくなりますよね。

ザ・クロックハウス

先日、コラムを書くために週末を使ってプログラムを書きました。ブラウザで動作するActiveXコントロールで、FeliCaにアクセスするプログラムです。

コラム「ActiveXコントロールを使い、WebシステムからFeliCaへアクセスする方法」

felica.jpg

この仕組みを使うと「学習塾で生徒がSUICAやお財布ケータイをかざすと、ご両親に到着や出発を知らせるメールを送信」とか、「手持ちのFelicaで社内システムに簡単ログイン」とか、便利なものがごく短期間で作れそうです。

このプログラム、納品するわけでもなく、製品化するわけでもなく、コラムだけのために書きました。ですから、ほとんど趣味プログラミング状態です。こういうのもたまには良いですね。

久しぶりのプログラミングは純粋に楽しいです。完成責任がなく、好きな言語C++だからそう思うのかもしれないですが・・・。

今回は、ちょうど手元に使っていないFelicaリーダーがあったので、思い立ってすぐにコードを書いてしまいましたが、次に趣味プログラミングをやるときは流行に乗った物をチョイスしようと思います。(ハードを絡めて趣味プログラミングを考えると、無駄遣いの予感がしますけどね。)

あけましておめでとうございます。

この正月は、伊勢神宮に参拝してきました。伊勢神宮の参拝は今回が初めてです。ガイドブックのとおりに、外宮、内宮の両方をひとまわりしました。

2600.jpg

外宮、内宮ともに正宮があるのですが、その正宮に参拝したとき、「吹いている風が違う」と感じました。何とも表現しにくいのですが、空気感や肌感と言えばよいのでしょうか。

外宮では長年にわたり1日も欠かすことなく、朝と夕方の2回お祭り「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」が続けられているそうです。感慨深いですよね。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

昨年は、新しいプロダクトを2本リリースしたり、新規のお客様にシステム開発のサービスを提供させて頂いたりと、充実した1年でした。

プライベートでも、苦手意識があった水泳と早起きを習慣にできました。今年も公私ともに新しいことにチャレンジする1年にしたいと思います。

本年もどうか宜しくお願い致します。

朝のひととき

生活時間を少しだけ早朝にシフトしてみることにしました。

とりあえずやっているのは6時起床。慌ただしい朝が余裕のある朝になるので快適そのものです。

今はこの早起きで得られる90分ほどの余裕時間で、お客様から相談頂いたシステム化のプランを考えたり、次の経営アクションを考えたりしています。

朝は割り込みもなく、比較的頭も冴えていて集中できるので、考え事に向いているようです。場所は自宅でもカフェでもオフィスでも良い感じです。

ところで、この早起きの本当の魅力は、睡眠不足や朝なのに疲れてが抜けていないと感じたときに二度寝できることです。

「二度寝」には怠けている印象があるかもしれませんが、リラックスした状態でパワフルに働くのが最も成果が出るので、その状態を作るのは最優先事項なのです。

【2014年1月7日 追記】

早起きを始めてから1ヶ月経過しました。早起きは無理なく習慣にできています。現在の起床時刻は少し前倒して5:45。早めに就寝していることもあって、この1ヶ月間で二度寝したのは1回だけです。

以前は相当な夜型だったので、早起きは苦手意識があったのですが、やってみると簡単に習慣化しました。自分でも少々驚いています。

toaster.JPG

※写真は朝を充実させようと購入したポップアップトースター。食パンが焼き上がるとカシャ!と出てくるやつです。如何にもそれらしいタイプ(ピカピカのステンレス製)をチョイスしました。強い熱で水分が逃げる前に焼き上がるので、外はカリッとしていながら中はもちもちのトーストが楽しめます。

コラム

プロフィール

所属: コンポーネントデザイン株式会社

名前: 山口達雄

メッセージ: SIerの社長ブログへようこそ。 コンサルティングや開発も時々参加する現役技術者です。

コンポーネントデザイン